価値ある暮らしの提案

COLUMN

失敗しない家づくりのために!家づくりの進め方を知ろう!2019.12.13

「家づくりを考えたいけど、何からはじめれば良いのだろう」
「どうやったら自分の満足する家がつくれるのだろう」と、お困りの方はいらっしゃいませんか。
今回は家づくりのスケジュールについてご説明致します。

①まずは、どんな家に住みたいかをご家族でイメージしましょう。

例えば、

  • 地震に強い家に住みたい
  • 家でホームパーティがしたい、バーベキューがしたい
  • 広々としたリビングで開放的に過ごしたい
  • 災害時も安心に過ごせる家にしたい 等

②展示場やショールームに足を運んでみましょう。

今はパソコンやスマートフォン等で、様々な情報を得られるかと思います。ただ、やはり実物を見学することをオススメします。実際に見学してみると、「おもっていたのと違う!」なんて事もたくさんあります。また、わざわざ時間を割いて見学していますので、営業マンにたくさん質問しましょう。そうする事によって、自分たちのイメージしている家が具体化されていきます。
弊社では、「セキスイハイムミュージアム栃木」にて、家づくりの根底についてもご説明させていただいております。ぜひ一度ご覧いただければと思います。

 

③キャンペーンやイベントに参加してみましょう。

どちらのメーカーも随時キャンペーンやイベントを開催しています。
イベントには、完成現場見学会や工場見学会といった各メーカーの作り方や実際の建てた家を知ることができるイベントがあります。住宅メーカーを決める前には必ず確認しておきましょう。特に作り方については、先に見ておかないと見る事ができない大切な部分ですので、必ず確認しましょう。また、無料で参加することができ、子供が楽しめるような工夫がされているようなイベントも多数ございますので、営業マンに聞いてみてください。

キャンペーンは、お得に家をつくることができるチャンスです!同じ価格でも、元々安い家とキャンペーンで安くなった家では、当たり前ですが性能が全く違います!キャンペーン等が行われている場合は、お得な内容かをしっかりと確認した上、とりあえず挑戦してみるのも良いかもしれませんね。

 

④間取りや資金計画をだしてもらいましょう。

いよいよマイホームの間取りを考えます。
ご家族の要望を住宅メーカーに伝え、間取りを提案してもらいましょう。そこで、思い出して頂きたいのが最初のイメージです。きっと楽しくなると思いますよ。
さらに、資金もどれぐらいかかるのかもわかります。ここで注意してもらいたいのが、安いものに惑わされないことです。住宅は一生に一度の買い物です。安ければそれでいい、という訳にはいきませんものね。

 

⑤不安の払拭をしましょう。

ここで誰もが思うのが「これでやっていけるのかな」といった資金に対する不安です。大きな買い物ですから当たり前ですよね。ここでオススメなのが、FPです。これは、住宅メーカーの人ではなく、ファイナンシャルプランナーの方に資金の相談をする事を指しています。住宅ローンについてだけでなく、今後の人生設計まで相談できますので、ぜひ一度お話しを聞いてみると良いでしょう。

※FPについては、人生設計ですので②の後にやるのもオススメです。

 

⑥ご契約

メーカーが定まったら、いよいよ契約となります。ただ、注文住宅の場合は、ここからが本当の楽しいスタートです。
ここからは、設計担当やインテリアコーディネーターなどと一緒にお打合せを進め、着工、完成、お引渡しを目指していきます。

 

まとめ
今回は家づくりの進め方についてご説明させていただきました。住宅メーカーは沢山あり、それぞれに一長一短ございますが、ここでの選択を間違えてしまうと後悔することとなってしまいます。弊社は、「大切な人を守り、何十年後も笑顔でいられるような家」のご提供をさせていただいております。お困りの際は、ぜひ弊社にお声がけください。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です