価値ある暮らしの提案

COLUMN

光熱費ゼロにしたい方へ、太陽光発電で貯金は可能なの?2019.07.18

太陽光発電で貯金は可能なの?

「光熱費ゼロにしたいけど、太陽光発電で貯金は可能なの?」
「太陽光発電で、貯金ができるのか詳しく知りたい!」
このように、太陽光発電で貯金が可能かどうかを知りたい方が多くいらっしゃると思います。今回は、光熱費ゼロにしたい方に向けて、太陽光発電で貯金は可能かどうかについて解説します。

 

太陽光発電で貯金はできるのか?

*光熱費ゼロにできるの?

太陽光発電を設置することで、光熱費を安くすることは、難しくないです。
また、効率よく、電気を発電することによって、光熱費ゼロに近づけることも容易です。どのようにすれば、光熱費ゼロにできるのかを考えていきましょう。

 

*オール電化にする

光熱費ゼロにするためには、エネルギーを買わないことが大切です。
「エネルギーを買わないと生活ができないのでは?」と考える方もいるでしょう。しかし、ガスや灯油といったものを使わず、自家発電のみで行えば良いのです。自家発電をするためには、オール電化にして、太陽光発電の電力を使うことが効果的でしょう。

 

*貯金は可能なの?

結論から言うと可能です。
しかし、省エネを意識して、効率よく電気を使うことが大切です。また、季節や天気によっても発電できる量が違うので、その年や月によっても変わるでしょう。どのようにすれば、発電量が増えて、消費量が減るのかを考えて、実行すると良いと思います。

 
どのような方法で電気が貯められるの?

どのような方法を行えば、発電量が増えて、貯金が可能になるのかを解説します。

 

*なるべく大容量の太陽光パネルを設置する

電気の発電量を増やすためには、より大容量の太陽光パネルを設置する必要があります。屋根のサイズとほとんど同じサイズになるように太陽光パネルを最大限設置すると良いでしょう。また、屋根を延長して、より大容量の太陽光パネルを設置する住宅もあります。

 

*断熱性の高い住宅にする

「太陽の光が強くない冬や、梅雨の時期は、あまり発電ができないのでは?」と考える方が多くいらっしゃると思います。
確かに、発電量は減ってしまいますが、消費量を減らすことで、貯金ができます。住宅の断熱性を上げることで、省エネにつながります。太陽光の工事と一緒に、断熱性の工事をしてみてはいかかですか?

 

□まとめ
今回は、光熱費ゼロにしたい方のための、太陽光発電で貯金は可能なのかについて解説しました。効率よく発電を行なって、使用しなかった電気を売ることで、貯金は可能です。太陽光発電について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です