価値ある暮らしの提案

COLUMN

補助金がもらえる⁈ 光熱費ゼロの住宅の補助金について解説2020.01.30

「光熱費を抑えた住宅を建てる際に補助金がもらえるのか知りたい!」
「光熱費を抑えた住宅を建てた際にもらえる補助金について教えてほしい。」

最近、光熱費を抑えた住宅を建てる方も多いです。光熱費を抑える方法は、太陽光発電や省エネ設備などがあります。そういった設備を導入するには、追加の費用がかかります。しかし、そういった家を建設するのにZEHという制度があることをご存じですか?この制度を利用することで、補助金がもらえる場合があります。
今回は、ZEHについて詳しくご紹介いたします。

ZEHとは

ZEHとは「Net Zero Energy House」の略称です。簡単に言うと、一年間、家で消費するエネルギーがゼロになることを目標にした家のことです。つまり、家で作るエネルギーを、電化製品などで使うエネルギーよりも多く作る家のことです。ZEHに必要なのは、省エネや創エネといったものです。エネルギーを節約し、かつエネルギーを作り出す機能がポイントです。

 

ZEHのメリットとデメリット

ZEHにはメリットもありますが、デメリットもあります。それぞれについて紹介します。

*メリット

まず一番メリットは、光熱費をおさえられることです。さらに、余った電気を売電し、より多くの節約も可能です。また、ZEHの家には断熱性能が必要です。そのため、ZEHなら、断熱性が高いというのもポイントです。断熱性が高いと、暮らしやすい家にできます。万が一、停電が発生した場合でもZEHの住宅なら安心です。設備で作った電気をその際に使えばいいのです。

 

*デメリット

ZEHの大きなデメリットは、コストがかかるということです。太陽光発電や省エネ設備の導入には追加のコストがかかります。また、太陽光発電の場合、天候によって電気の生成に影響があります。そのため、発電できる電気の量が変化することも忘れないでください。さらに、そういった設備にはメンテナンスも必要です。しっかりと機能しないと、かえって住みにくい家になってしまいます。

 

補助金は出るの?

ZEHの補助金にはいくつか種類があります。今回は、ZEH支援事業の場合を紹介します。この場合、補助額は70万円です。また、条件は20%以上のエネルギー消費量削減です。ZEH支援事業の他にも、補助金制度はたくさんあります。受けられる補助金制度は受けておきましょう。
(2019年度の場合)

 

まとめ

今回は、ZEHの補助金制度についてご紹介しました。ZEHの家はかなりのコストがかかります。そのため、補助金でできるだけ負担を軽減しましょう。弊社では、住宅に関するご相談を随時受け付けております。ZEHや補助金制度に関してもご相談を受け付けております。ご不明な点がございましたら、弊社までお気軽にお問い合わせください

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です