価値ある暮らしの提案

COLUMN

地震に強い家は形に秘密があった⁈地震に強い家の形をご紹介2020.01.20

「地震に強い家ってどういう形がいいのか分からない!」
「どのような形の家が地震に強いか教えてほしい!」

地震に強い家のポイントはいくつかあります。
その中でも、家の形は基礎的な部分です。
地震に強い家にしたい方は、家の形をしっかりと考えましょう。しかし、どういった形が地震に強いか分からないですよね?
そこで今回は、地震に強い家の形について詳しくご紹介いたします。

 

地震に強いって何?

地震が発生すると、地面に揺れが生じます。その揺れは、地面を伝わり、家に届きます。その際に、耐震性が低い家だと、倒壊する危険性があります。地震に強い家というのは、耐震性がある家と言えます。

 

地震に強い家の形

では、耐震性があり、地震に強い家はどんな形なのでしょうか。一言でいうと、単純明快な形の家が地震に強いです。単純明快な形といわれても分かりにくいです。単純明快な形の中で、最も強い家の形は正方形です。つまり、シンプルな形の家が地震に強いということです。形を判断するのに、平面形状と立面形状の二つがあります。それぞれについて紹介します。

 

*平面形状

平面形状は家を上から見て、地面と接している面の形のことです。平面形状が、長方形で分割できるものだと、単純明快な形といえます。しかし、平面形状が複雑な形だと、単純明快な形とはいえません。そのため、地震による影響が大きいです。

*立面形状

平面形状に対して、立面形状は、家を正面から見たときの形を指します。こちらも、先ほどと同じように、長方形で分割できればシンプルな形です。
立面形状もシンプルな形の方が地震に強いです。なぜなら、立面がシンプルということは、バランスが取れやすいからです。そうすると、地震の揺れが発生しても、影響を受けにくいです。二階建ての家の場合、もう一つ注意すべき点があります。それは、一階と二階の配置です。二階はできるだけ、一階の中央に来るようにしましょう。その方がバランスを取りやすいです。中央から離れすぎると、重心がずれてしまい、地震の影響を受けやすいです。

 

 

まとめ

今回は、地震に強い家の形についてご紹介しました。地震に強い家にしたい方は、まず家の形に注意しましょう。家の形が複雑すぎると、地震の影響を受けやすいです。将来的なことも考えて、なるべくシンプルなものをおすすめします。弊社では、住宅に関するご相談を随時受け付けております。家の形でお困りのお客様がいらっしゃいましたら、ぜひ一度弊社までお問い合わせください。弊社の専門家が皆様の意見をもとにサポートいたします。

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です