価値ある暮らしの提案

COLUMN

地震に強い家にしたい方へ。地震にも耐えられる家の工法をご紹介します2020.01.16

「新しく家を建てようと考えている中で、地震に強い家の工法について知りたい!」
「地震に強い家の工法を構造ごとに教えてほしい!」

日本は世界の中でも、特に地震が発生しやすい国です。新しく家を購入するなら、地震に対する対策はしっかりしておきたいですよね?地震に強い家の工法がどういったものか知っておきましょう。工法も家の構造ごとに異なるため、それぞれの構造ごとにポイントをおさえておくことが必要です。
そこで今回は、地震に強い家の工法について詳しくご紹介いたします。

 

地震に強い家の工法

では、地震に強い家の工法を構造ごとに紹介します。
今回、取り上げる構造は、木造、鉄筋コンクリート造、鉄骨構造の3つです。どれも一般的な構造の一つです。それぞれの工法を見ていきましょう。

 

*木造

木造の工法は主に2つあります。まずは、軸組工法です。
軸組工法は、木材で家の骨格を作り、それを金属で補強する工法です。この工法は、昔から使われていて実績もあります。

もう一つは2×4工法というものです。この工法のメリットは、気密性が高いことです。また、すべてがシステム化されています。そのため、非常に合理的です。最近では、2×6工法という上位グレードもあります。

 

*鉄筋コンクリート造

次に、鉄筋コンクリート造について見ていきましょう。鉄筋コンクリート造にはRC工法とPC工法の二つがあります。
RC工法は、現場で鉄筋を組みます。そして、作った型にコンクリートを流します。一方、PC工法は、現場で鉄筋を組む作業はありません。あらかじめ、工場で組んだものを現場で、つなぎ合わせる工法です。
RC工法だと、天候によって作業に影響が出ます。しかし、PC工法なら、天気の影響は受けづらくなります。

 

*鉄骨造

最後に、鉄構造の工法を紹介します。鉄構造の工法は、軽量鉄骨工法と重量鉄骨工法の二つです。
軽量鉄骨とは、素材の厚みが6ミリメートル未満のものです。メリットとして、工期が短いことが挙げられます。
それに対して、重量鉄骨工法は、名前の通り、重い鉄骨を使います。そのため、地震に強いです。また、自由な設計が可能な点もメリットです。

 

 

まとめ

今回は、地震に強い工法についてご紹介しました。それぞれの工法のポイントは知っていただけたでしょうか。いろいろなポイントを取り入れて、地震に強い家にしましょう。その際は、専門家の意見を取り入れることをおすすめします。あらゆるポイントから、家の耐震性を判断してくれます。弊社では、住宅に関するご相談を随時受け付けております。家の工法に関しても、ご不明な点がございましたらお気軽にお問い合わせください。皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です