価値ある暮らしの提案

COLUMN

地震に強い家を作りたい方必見! 住宅を平屋にするメリットとは?2020.02.24

「地震に強い家を作るためにはどのような構造にしたらいいの?」
「平屋の方が二階建てより地震に強いの?」
とお考えの方はいらっしゃいませんか。

しかし、耐久性の高い家の構造について詳しくない方も多いはずです。そこで今回は、住宅を平屋にするメリットについて解説します。

 

 

平屋に住むことのメリット

*コミュニケーションの時間と安全性の確保

 

二階建ての建物は、階が分かれているためプライベートな時間を確保できるものの、家族と話す回数がどうしても減ってしまいます。
一方平屋に住むと家族と顔を合わせる機会が多くなり、会話の回数も必然的に多くなります。またお年寄りにとって階段の上り下りは重労働で、事故の危険性もあります。平屋は階段がなく同じ階で全ての家事が完結するため、段差による事故が起こる心配もありません。安全性を重視したい場合は平屋に住むのがおすすめです。

さらに住宅を新しく建てる際には二階建ての住宅より平屋の方が工事にかかる費用は安い場合が多いです。平屋の建築は足場を設置する必要がないこともあり、工事が比較的簡単で短い時間で済みます。外壁塗装においても同様に、塗料を塗る範囲が一階部分しかないため、工事にかかる費用や時間を抑えられます。

 

 

地震が起きたときに平屋に住んでいると得られるメリット

*地震の揺れによる被害を抑えられる

 

一般に住宅の重さが大きいほど住宅に伝わる地震の揺れは大きくなります。

そのため、高層マンションの上の階層に住んでいる方は地震が起きた際には大きな揺れを感じるでしょう。

二階建て以上の建物に比べ、平屋は地震の揺れによる被害が小さい場合が多いです。

また住宅が重みに耐えきれずつぶれてしまい、下敷きになり生き埋めになる可能性も抑えられます。

 

*地震が起きた際に建物から逃げ出しやすい

 

建物の2階や3階で過ごしている際に地震の被害にあうと、住宅の外に逃げ出すのが遅れます。

特に階段をスムーズに降りられないお年寄りは1階へ降りるだけでも長い時間を要します。

またマンションが地震に合うとエレベーターが動かなくなり、避難に非常に多くの時間を費やす場合が多いです。

さらに地震とともに火災が発生した場合でも、建物からの逃げ出しやすさは非常に重要です。

平屋は玄関からだけでなく、窓からも外にスムーズに逃げられるため逃げ遅れる心配がありません。

 

 

 

まとめ

今回は、住宅を平屋にするメリットについて解説しました。地震に強い家を新しく建てる際は、平屋にするのを検討してみてはいかがですか。弊社は栃木県内に複数の展示場を持つ、豊富な住宅ラインナップが自慢の家づくりのプロです。住まいに関してお悩みの方は弊社までお気軽にご連絡ください。

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です