価値ある暮らしの提案

COLUMN

光熱費ゼロってホント?消費エネルギーゼロのZEHの実際は?2019.12.16

「最近ZEHという言葉をよく耳にするけど、実際は良いものなの?」
「ZEHにすれば光熱費ゼロになるってホント?」
新しく家を建てようとしている方はZEHという単語を聞いたことがあるかもしれません。光熱費ゼロなどと言われていて、とても気になる存在ですよね。
今回は、ZEHが本当に光熱費がゼロなのかなど、ZEHの実際をお教えします!

 

そもそもZEHの定義は?

勘違いされる方も多いですが、ZEHは「消費エネルギーがゼロの家」ではありません。「一次」消費エネルギーがゼロの家です。
一次消費とは、空調、照明、給湯設備などの消費のことで、洗濯機など他の電気製品の消費は含みません。具体的には、断熱や省エネ設備で一次消費エネルギーを減らし、太陽光発電で消費を上回るエネルギーをつくる家です。

 

光熱費はゼロになる?

結論から言うと、ZEHならば必ず光熱費ゼロとなるわけではありません。
上記の通り、洗濯機など他の電気製品の消費が大きければ、全体の消費がつくるエネルギーが太陽光発電でつくったエネルギーを上回る場合があります。この場合は光熱費がかかります。
では、実際のところ光熱費ゼロは現実的なのでしょうか。
2017年の経済産業省の発表では、1戸あたり約33000円の黒字だそうです。黒字というのは、自分の家の消費をまかなうだけでなく、余った電気を売っているということです。平均値なので全戸で黒字かは分かりませんが、光熱費ゼロは現実的であると言えるのではないでしょうか。

 

ZEHの何がいいの?

光熱費が抑えられるZEHですが、実際に住むと他にもメリットがあります。

  • *国から補助金が出る
    ZEHは国が推し進めています。基準を満たせば、国から補助金を受けられます。建てるときは基準を満たせるよう注意しましょう。
    ※2019年度の募集は〆切になりました。
  •  
  • *断熱による効果
    ZEHを建てる上で、空調の消費エネルギーを抑えるために家を高断熱にしますが、これが他にも良い効果を生みます。まず室内の温度変化が少ないので、結露が起きにくく、カビやダニの発生が抑えられます。また、断熱することで健康効果も見込めます。断熱効果が上がるとぜんそくやアトピーの症状が和らぐというデータがあり、他の疾患にも有効です。

 

  • *災害に強い
    災害により電気が止まっても、ZEHなら太陽光発電により自分で電気をつくることができます。日が照っている場合に限定されますが、それでも電気が使えることで、生活がだいぶ楽になります。また断熱効果が高いので、電気やガスを使わなくても温度変化を抑えられます。冬場は温度が保てないと最悪命に関わりますから、大事な要素です。日本は災害が多いので、ZEHは頼もしい存在です。

 

 

ZEHについて、より詳しくはこちらをご覧ください。

 

□まとめ

今回はZEHの実際についてご紹介しました。ZEHは光熱費が抑えられるだけでなく、様々なメリットがあります。ZEHに興味を持たれた方は、一度弊社までご連絡ください。

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です