価値ある暮らしの提案

COLUMN

木造住宅は地震に強い家なの?2019.11.11

「木造住宅を検討しているけど、耐震性ってどうなの?」
「木造住宅は地震に弱いイメージがあるけど、本当はどうなの?」
このような疑問を抱えてはいませんか。
木造住宅は、日本人にとってもなじみ深い住宅であり、温もりを感じさせる雰囲気に憧れる方も多いのではないでしょうか。一方で、耐久性や耐震性に対して不安に思う方もいらっしゃることでしょう。
そこで今回は、木造住宅がもつ耐久性と耐震性の秘密について紹介します。

 

木造住宅の耐震性

地震には縦揺れと横揺れがあり、一般的に横揺れが大きな被害に繋がりやすいと言われています。つまり、地震に強い家とは横揺れに強い家なのです。横揺れに耐えるには、壁の強度が重要になってきます。
一般木造住宅では、柱と柱の間に筋交いを入れることで、横からの力に耐える構造になっています。また筋交いの他にも、繊維の方向が直交するように貼り合わせた合板などを用いることで、より耐震性を高められます。
さらに近年では、技術進歩によって木造住宅の一部に強度の高い金属部品を組み合わせるといったハイブリッド工法も普及してきています。
これまでは、木造住宅が地震に対して弱いのではないかというイメージが多かったことでしょう。しかし、元々の木構造がもつ耐震性と近年の技術進歩によって、木造住宅の耐震性は決して他の構造に劣らないものになっているのです。

 

木造住宅の耐久性

地震の際は、揺れ以外に火災も大きな不安要素の一つですよね。木は燃えやすいというイメージから、木造住宅は火災に弱いのではないかと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。木が燃える際、確かに表面は燃えやすいという性質があります。しかし、表面が燃えた後は、炭化という現象によって中心部まで燃えるのを防いでくれます。
つまり、木造住宅は火災にも強い住宅なのです。また、石膏(せっこう)ボードのような不燃材料を組み合わせることで、さらに火災に対する耐久性を高められます。

 

 

まとめ

今回は木造住宅がもつ耐久性、耐震性の秘密について紹介しました。
木造住宅は、実は耐震性や耐久性の面で他の構造と劣らない性能をもっているということをご理解いただけましたか。木造住宅を検討中の方は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてください。栃木にある弊社では、お客様が安心して過ごしていただけるような地震に強い家を提供しております。もし、地震に強い家についてお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ弊社にお気軽にご相談ください。

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です