価値ある暮らしの提案

COLUMN

光熱費ゼロ?ZEHの補助金をもらうための条件と補助額とは2019.10.28

「注文住宅を考えているが、光熱費の面で不安。」
「光熱費ゼロ?ZEHの補助金について知りたい。」
このようにお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか?今回は、ZEHの補助金について、ご紹介します。

 

ZEHの補助金をもらうための条件

 

自己所有住宅

補助金の対象は、建てる住宅に自分が住む必要があります。

 

断熱性能が地域で定められた基準値以上の住宅

地域で定められている基準値とは、外皮平均熱貫流率の基準値のことです。この値が低いほど断熱性が高いといわれています。

 

標準的な住宅消費エネルギーよりも20%以上の削減が見込める住宅

太陽光発電システムを設置することが条件です。

 

 

ZEHの補助金の補助額と条件

 

ZEH支援事業

補助額は1戸あたり定額70万円となっています。条件は、20%以上の一次エネルギー消費量削減です。

 

ZEH+実証事業

補助額は1戸あたり定額115万円です。

条件は、

・ZEHの定義を満たしている

・25%以上の一次エネルギー消費量削減

・さらなる高断熱、高度エネルギーマネジメント、電気自動車の充電設備の内2つを導入

です。

 

ZEH+R強化事業

補助額は1戸あたり定額125万円となっています。

条件は、

・ZEH+に係る要件をすべて満たす

・停電時に電源を確保できる

・蓄電システムか太陽熱利用システムを導入

です。

 

先進的再エネ熱等導入支援事業

補助額は1戸あたり定額90万円です。

条件は、CLT・地中熱ヒートポンプシステム・PVTシステム・液体集熱式太陽熱利用システムのいずれかを導入することです。

 

 

ZEHの補助金をもらうためのスケジュール

具体的には、

・国への申請

・補助金をもらえることが決まった通知を国から受ける

・家を建てる工事を開始

というスケジュールです。

通知を受け取る前に工事を開始すると補助金がもらえなくなるため注意しましょう。そのため、ZEHの補助金を受け取る際は、国のスケジュールに合わせて家を建てることを理解しておきましょう。

 

 

ZEHの補助金をもらうためにはハウスメーカーが限定される

ZEHの補助金をもらうためには、国に登録したハウスメーカーで家を建てる必要があります。登録していないハウスメーカーで家を建てた場合は、補助金を受け取れないため注意しましょう。

 

 

まとめ

今回は、ZEHの補助金について、ご紹介しました。弊社は、単に住まいという器を販売するのではなく、そこに住む人にとって、真に価値ある生活の提案を目的としております。
エネルギーの自給自足を実現し、災害時のリスクも軽減します。また、四季の変化にも影響されない快適な住まいをご提供します。興味を持たれた方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です