価値ある暮らしの提案

COLUMN

地震に強い家を建てたい方へ!家の形の特徴を解説します2019.10.10

「家を買うことは人生の中でも大きな買い物だから、失敗したくない。」
「地震に強い家にするには、どのような家の形にしたらいいのかな。」
このように注文住宅についてお悩みの方はいませんか。中でも地震に強い家を建てたいとお考えの方はいらっしゃいますよね。
そこで今回の記事は、地震に強い家の形の特徴について解説します。ぜひ参考にしてみてください。

 

地震に強い家の形の特徴とは?

 

地震に強い家の形の特徴は、長方形のようなシンプルな形です。なぜなら、家を囲んでいる6つの面全てが一体になり、地震の揺れに耐えようと踏ん張れるからです。さらに細かく、地震に強い家や弱い家の平面形状や立面形状について解説します。

 

地震に強い家の平面形状は、長方形

 

正方形や長方形といったシンプルな形の家が地震に強いです。

 

地震に弱い家の平面形状は、凹凸型

 

複雑な形状をしていると、横から力を受けた時に家が踏ん張れません。ある一点に力が集中して、ねじれが起き、その部分から損壊が始まるでしょう。そのため、地震に弱くなります。

 

地震に強い立面形状は、一階と二階が中央に揃っている長方形

 

立面形状も同様に、長方形のようにシンプルな形が地震に強いです。
例えば、一階と二階が全く同じ形の総二階の建物は、全体で見るとシンプルな形と言えます。二階の面積が一階よりも小さい場合は、二階部分ができる限り、一階部分の中央にある方が、バランスが良く耐震性が高いでしょう。

 

地震に弱い立面形状は、オーバーハング

 

上に建物があるのに、真下の部分に柱や壁がない形です。
二階部分が一階部分の中央ではなく、片側に寄っている場合、バランスが悪く、地震に弱いです。真下の部分に柱や壁がないと、上の荷重が下にスムーズに流れずに、建物のどこかに負担がかかってしまいます。そのため、大きな地震が起こると、負担がかかっている所が弱点となり、崩壊につながります。

 

 

まとめ

今回は地震に強い家の形の特徴について解説しました。地震に強い家の形は、シンプルな長方形でしょう。この記事を参考に注文住宅を建ててみてください。
栃木で注文住宅を建てたいとお考えの方はいませんか?弊社は、「価値ある暮らしの提案」を企業理念として、感動をお届けする家づくりをします。注文住宅に関するご相談やご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です