価値ある暮らしの提案

COLUMN

建物価格って何だろう?住宅の価格について解説します。2019.09.06

「家の価格っていくらなの」
「いくらの家が良いのだろう」
このように家の購入を考えている方の大半は、価格が一番気になっているのではないでしょうか。家計に直接かかわってきますから、とても重要な部分ですよね。
そこで今回は、建物価格についてご紹介します。

 

注文住宅の相場

栃木県の注文住宅の建設費相場は、フラット35利用者調査によると、3142.8万円となります。
建設費とは、本体工事費と付帯工事費の合計額を表しています。

 

建物価格について

一般的に、建物価格は坪単価として表記されることが多いです。
ただ、こちらの坪単価は注意が必要です。基準が曖昧な言葉なのです。単純に言えば、「建物代 ÷ 坪数」となります。
この「建物代」が各社で定義がバラバラとなっております。以前では、キッチンやトイレが入ってないなんて事もあったそうです。
※今回は、「建物代=建物本体価格」と定義して算出しております。

 

セキスイハイムの価格

 坪単価60万円~90万円

 ※商品タイプ・立地条件・設備グレード等で変動致します。

 

☆坪単価のしくみ

 建物坪数が大きいほど坪単価は下がりやすい

 平屋より2階建てのほうが坪単価は下がりやすい

 

 

■坪単価以外の価格表示

市場としては、あまり知られておりませんが、価格の表記として注目されているものがあります。それは・・・
“居住年単価” = (建物のライフサイクルコスト ÷ 居住年数)
というものになります。
建物のライフサイクルコストとは、建築費とメンテナンス費・光熱費を足したものです。これを居住年数で割ることにより、建物の価値を正確に算出することができます。

 

 

【まとめ】

今回は建物価格について、ご紹介させて頂きました。
誰しも「安くて良い家が欲しい」と考えているかと思います。そうすると、当初の建築費に注目してしまいがちです。
ただ、何を購入するときも「安くて良いもの」といった都合の良いものは基本ないはずです。そこには何か理由があるはずです。なので、これから家の購入を考える方は“居住年単価”にて検討していただくことをおすすめします。
当社では、「価値ある暮らしの提案」をコンセプトに住宅を提供しております。建物価格を抑えたいとお考えの方は、ぜひ当社にお気楽にご相談ください。

 

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です