価値ある暮らしの提案

COLUMN

地震に強い家に住みたい方へ、設計の事例について解説2019.07.11

地震に強い家の設計

「地震に強い家の設計は、どんなものがあるのかわからない」
「地震に強い家の設計の事例について詳しく知りたい!」
このようなことを考えている人はいませんか。どういう設計にすると、地震に強い家になるのか、事例を知っておきたい方もいるでしょう。
今回は、地震に強い家に住みたい方のための、設計の事例について解説します。

 

 

地震に強い家の設計の事例について知りたい!

地震に強い家の設計の事例について詳しく解説します。

 

*重心と剛心が近い設計

重心は、建物の重さの中心のことを言います。また、剛心は、建物の強さの中心のことを言います。この二つの距離が近いほど、地震の揺れが小さくなります。つまり、地震に強い設計の家と言えるでしょう。

 

*二階が軽くて強度がある

地震に強い家の設計特長としては、二階に比べて一階の壁が多いことです。一階の壁が弱いと、不安定になって、崩れてしまうことは想像がつくでしょう。また、二階や屋根の部分が重すぎると、バランスが悪くなってしまいます。これを防ぐために、一階は強度があり、二階はより軽く、強度がある設計のものが良いでしょう。

 

*部屋が多い設計

部屋が多い家は柱が多くなるので、地震に強い設計と言えます。また、なるべく部屋が小さい方が強度は強いと言えるでしょう。大きい部屋が欲しい方は、柱や梁の数に注意して、設計をすれば問題はないでしょう。

 

どんな物件を購入すればいいの?

 

*耐震性を売りにしている業者を選ぶ

耐震性を売りにしている業者を選ぶと、地震に強い物件が購入できます。どの企業が耐震性を売りにしているのか、分からない方は、ホームページを見ると良いでしょう。ただ、どんな建物も最低限の強度は確保されているので、内容を吟味して頂く必要はあります。

 

 

*なるべく低い住宅を選ぶ

なるべく、高さが低い家を選ぶことで、地震には強いです。地震によって家が揺れると、変形が大きくなります。つまり、低い建物の方が、建物が揺れにくいので、地震に強い家になります。

 

□まとめ
今回は、地震に強い家に住みたい方のための、設計の事例について解説しました。地震に強い家の設計の事例を知っておくことで、家選びもしやすくなるでしょう。設計は難しい内容もあるので、疑問点があれば、業者に聞いてみてください。
地震に強い家の設計の事例について詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です