価値ある暮らしの提案

COLUMN

地震に強い家の間取りについて知りたい方へ、間取りの特徴を解説します2019.07.08

地震に強い家の間取り

「地震に強い家を考えているが、間取りがどのようなものなのか知りたい!」
「地震に強い家の間取りの特徴について詳しく解説してほしい!」
このように、地震に強い家の間取りについて、気になっている方が多くいらっしゃると思います。
今回は、地震に強い家の間取りの特徴について解説します。

 

地震に強い家の間取りについて知りたい!

*地震に強い家と間取りは関係あるの?

「地震に強い家に構造が関係あるのはわかるけど、間取りは関係あるの?」と考えている方が多くいらっしゃると思います。
結論から言うと、地震に強い家と間取りは、関係あります。どんな間取りが地震に強くて、崩れにくいのか理解しておくことが大切です。

 

 

*どんな間取りの家が地震に強いの?

地震に強い家にするためには、耐力壁がポイントです。
耐力壁は、その名の通り、力に対して強いという意味があります。つまり、耐力壁が多いほど、地震に強い家だと言えます。

 

 

*地震に弱い家とは?

地震に弱い家は、耐力壁が少ないです。それだけでなく、耐力壁のバランスも大切です。住宅の一部に耐力壁はあっても、バランスが悪ければ、地震に耐えられないでしょう。

 

 

地震に強い間取りについて、もう少し詳しく見ていきましょう。

 

 

*揺れ方がポイント!

地震が起きると、家が揺れます。
大きい地震であれば、それだけ大きな揺れが起こることは、想像がつくと思います。地震に強い間取りを考える際には、偏りなく家が揺れる設計にしましょう。この揺れに耐える力のバランスのことを偏心率といいます。
偏心率を計算することによって、バランスが良く、地震に強い家が作られています。

 

*吹き抜けでも強度は保てるの?

「耐力壁が必要だということは、吹き抜けだと耐震性が良くないのでは?」と考える方がいると思います。しかし、構造を計算することによって、吹き抜けの間取りにしても、強度は保てます。簡単に説明すると、段ボールのような構造です。

段ボールを組み立てる前は、すぐ潰れますよね。しかし、組み立てると、強度があがります。これは家でも同じです。床・壁・屋根の構造を丈夫にすることによって、家が丈夫になります。

 

□まとめ
今回は、地震に強い家の間取りの特徴について解説しました。地震に強い家を作るためには、間取りが大きく影響します。地震に強い家の間取りについて詳しく知りたい方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です