価値ある暮らしの提案

COLUMN

太陽光発電で光熱費ゼロ!栃木で効率良くエネルギーを利用する方法2019.06.20

「最近どんどん光熱費が高くついている気がするなあ」と感じることはありませんか?
実際に、東日本大震災や消費税増税などで光熱費は上昇しています。さらに、石油などの有限資源を利用した発電に頼っていると、今後も光熱費は高くなっていく一方でしょう。
そんな高額な光熱費から脱却したいと考えている方にオススメなのが、太陽光発電です。

それでは、太陽光発電を利用することでどれくらい光熱費を抑えることができるのかを紹介していきます。

 

 

太陽光発電のメリット

そもそもどうして太陽光発電を利用することで光熱費を安くできるのでしょうか?
実は年々値上がりする電気料金に対して、太陽光発電の売買価格は値下がりしていっています。また通常の電気と違い、自宅で発電し、それを売電することで収入を得ることができるのです。これらの理由から、太陽光発電を利用すると光熱費を下げることが可能なのです。

 

光熱費ゼロに近づける方法

実際にどのような電気の使い方をすれば光熱費をゼロに近づけられるのかを紹介します。

 

*売電することで電気代をまかなう

自宅で発電する特徴を生かし、それを売ることで得た収入を電気代に近づけることができれば、光熱費は格段に下がります。
しかし一般家庭での発電量は限られるので、電気の使用量はできるだけ減らすことが求められます。

 

*自家消費で購入する電気を減らす

売電はせずに自家発電したものを利用し、なるべく電気は買わないようにします。この方法も1つ目と同じく、使用量はできる限り減らす必要があるでしょう。

 

*オール電化に切り替える

オール電化にすることで電気代だけでなくガス代も削減できます。
一方でより多くの太陽光発電量が求められるので、屋根だけでなく新しい土地が必要になり、金銭面でのデメリットが大きくなります。

 

*電気料金プランを変更して太陽光発電と併用する

特定の時間だけ割安になるプランなどに変更して、その時間帯だけ多くの電力を消費するものを動かす方法です。そうすることで電気代は安くなり、さらに割安になる時間外に太陽光発電を利用することでより安く済ませることができます。

 

□まとめ

*太陽光発電の価格の低下や売電ができるなどの理由により、太陽光発電を利用すると光熱費を抑えることができる

*売電、自家発電、オール電化電気料金プランの変更をすることでより光熱費をゼロに近づけることができる

 

これらの方法で太陽光発電を利用することで光熱費をゼロに近づけることができます。

特に生活費や養育費、学費などに多くのお金を回したいと考えている方は、ぜひこれらを試してみてはいかがでしょうか。

また、当社では、光熱費ゼロを目指すスマートハウスを提供しております。

当社のご利用を心よりお待ちしております。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です