価値ある暮らしの提案

COLUMN

新築住宅の建築をお考えの方必見!地震に強い家の3つの条件とは?2019.05.27

コラム

新築住宅を建てたいと考えている方の中には、地震に強い家にしたいと思っている方が多いのではないでしょうか。
ここ数年、日本では災害への危機感から地震に強い家が非常に注目されるようになってきました。ただ、地震に強い家とはどういう条件を揃えている家かということはあまり知らない方もいるのではないでしょうか。
そこで今回は、地震に強い家の条件についてご紹介していきます。

強固な基礎

地震に強い家にするためには、建物の丈夫さも大事ですが基礎構造がしっかりしている必要があります。
一般に、基礎構造はベタ基礎と布基礎の2種類があります。
布基礎は壁の下に基礎を敷くのに対して、ベタ基礎は麺全体で支える構造になっています。
そのため、地震が起こっても負荷を効率よく地盤に伝え分散することができるので、建物への影響は少なくなります。
また、基礎の厚みがあるかどうかもポイントです。
厚みは建築基準法でその基準が設定されていますが、それを上回る厚みがあるとなおさら安心です。

シンプルな家の形

地震が起きると家は、前後左右上下とあらゆる方向に強い力を受けることになります。
家の形が複雑であると、単純にバランスを取るのが難しくなります。理想的な家の形としては、真四角の家だと言えます。
逆に、二階部分の下を空洞にして車のガレージにしているという形をしている家は、耐震性という観点ではおすすめできません。
それでも、おしゃれな家を作るために、家の形を複雑にしたいという方もいるのではないでしょうか。
おしゃれにするには外観の工夫や内装にこだわるなど、様々な方法があるので、家の形だけは真四角にするというのも一つの手だと思います。

強度のある建物

建物として強度のあるものにするにはいくつかポイントがありますが、今回は主なものをご紹介します。

*軽い屋根
屋根は重くて頑丈な方が、強度はありそうだと思う方もいるのではないでしょうか。
しかし、屋根が重いと建物に対して負荷がかかり、地震が起きると倒壊しやすくなります。

*強い壁
地震に強い家づくりに欠かせないのが耐力壁や耐震壁と呼ばれる強い壁です。
ただし、この耐力壁をバランスよく配置しなければ、強度は担保できないので注意が必要です。

まとめ

今回は地震に強い家の条件についてご紹介しました。
地震に強い家を作るには、まずは土台となる基礎が重要です。さらに、家の形や家そのものの強さも関係しています。
栃木セキスイハイムは栃木県のハウスメーカーです。
不明点やご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です