価値ある暮らしの提案

COLUMN

耐震、免震、制震の違いをご紹介|栃木県の方へ2019.04.18

「耐震、免震、制震の違いが分からないので、分かりやすく教えて欲しい」このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
耐震については多くの方が一度は聞いたことのあることでしょう。そこで今回は、耐震、免震、制震の違いについてご紹介していきます。

耐震、免震、制震の違い

それぞれ似ている言葉ですが、少し意味が違ってきます。
それぞれの言葉を理解して、家の条件を見るときに役に立てましょう。

*耐震
耐震とは、地震によって生み出された揺れに耐久することです。耐震性が高い家は地震によって生み出された揺れに耐久する力が強いと言うことです。そのため、耐震性が高けれは地震によって建物が倒壊することは少ないでしょう。

*免震
免震とは、地震によって生み出された揺れを他へと流すことです。そのため、免震性能が高いと、地震の揺れが建物に直接的に影響を与えにくいです。免震性が高いと地震の揺れを感じにくいです。

*制震
制震とは、地震によって生み出された揺れを受け入れ、耐えることです。高い建物に良く用いられている技術です。地震の揺れに同調するというように考えていれば良いでしょう。

住宅展示場に行ってみよう

当社は栃木県内に15箇所の展示場とセキスイハイムミュージアム栃木がございます。
住宅展示場では、現地でしか感じることのできない住宅性能や仕様、チラシやwebサイトには載っていない情報を得ることが出来るのでとてもおすすめです。また、専門家の意見を聞くことができるので今後のプランの相談をすることもできます。みなさまのご来場を心よりお待ちしております。
住宅展示場の情報については以下のサイトに掲載しております。
サイトはこちら→http://t816.jp/modelhouse/

まとめ

耐震、免震、制震の違いについてご紹介してきました。それぞれの言葉の意味を理解して、今後のプランに活かしていきましょう。
不明点やご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
当社のスタッフが親身になって対応しますのでご安心ください。
一緒に問題を解決していきましょう。
みなさまの当社のご利用を心よりお待ちしております。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です