価値ある暮らしの提案

COLUMN

地震に強い家の構造2019.04.08

「地震に強い家はどのような構造をしているのか教えて欲しい」
「地震に強い家を建てたいので、地震に強い家にするためにはどのような条件が必要になってくるのか教えて欲しい」このようにお考えの方は多いのではないでしょうか。
日本は地震などの自然災害が非常に多い国として有名です。そのため、地震などの自然災害に対する対策をすることは必須となっています。そこで今回は、地震に強い家の構造についてご紹介していきます。

 

地震に強い家の特徴

地震に強い家について理解することで、地震に強い家を建てる際に役立てていきましょう。

 

*家の形がシンプル
地震に強い家には家の形がシンプルであるという特徴があります。また、2階建てであれば1階と2階の大きさがちょうど良いバランスを保っている必要があります。

 

*耐力壁がしっかりしている
地震などの自然災害に対応するためには耐力壁という壁が必要になってきます。耐力壁はただあれば良いというものではなくて、設置する場所をバランス良く決めていく必要があります。耐力壁は地震などの自然災害によるねじれを防ぐためのものです。専門家の意見を参考にして耐力壁についても考えていきましょう。

 

*床が強い
地震に強い家は床も強度が高いです。
床が強いことによって地震のなどの自然災害による影響を最小限にすることができます。耐力壁をつなげる役割もあるので、非常に重要なものとなっています。

 

 

土地にも注意しよう

地震に強い家を建てる場合は、土地に関しても十分に注意する必要があります。土地の地盤が弱いと、地震などの影響を強く受けてしまうことになります。そのため、土地の地盤が強いかどうかをしっかりと確認するようにしましょう。

まとめ

地震に強い家の構造についてご紹介してきました。不明点やご相談などがございましたらお気軽にお問い合わせください。
みなさまの当社のご利用を心よりお待ちしております。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です