価値ある暮らしの提案

COLUMN

栃木でハウスメーカー探し|地震に強い家ってどんな家?2019.03.07

コラム

「新しく家を建てるなら、耐震性がしっかりとした家にしたい!」
このようにお考えの方はいらっしゃいませんか?
地震大国の日本では、いつどんな大きさの地震が起きてもいいように対策をしておく必要がありますよね。
そこで今回は、耐震性能に優れている家についてご紹介します。

□耐震性が高い家の特徴とは
*新耐震基準
1981年に耐震の基準が改正され、昔よりも厳しくなりました。
実は、地震で倒壊してしまう家の多くは1981年よりも前に建てられたものとなっています。
新しい基準で建てられた家は、ちょっとした地震には耐えられる仕様になっているのです。
そのため、新築住宅なら基本的に耐震面において心配し過ぎる必要はありません。

*地盤が強い
新耐震基準で建てられた家でも、地盤が緩いと耐震性が落ちてしまいます。
土台がぐらつく状態なので、家全体もぐらついてしまうのですね。
地震に強い家というのは、地盤から強固であることが多いのです。
もともと地盤が緩い土地に家を建てる場合は、地盤改良を行うことをおすすめします。

*建物の形状が揺れにくい
背の高い建物よりも背の低い低層住宅の方が、地震が起きたときに揺れにくいです。
重心を下に下げることによって、家の変形を防げます。
また、家の形状がシンプルである方が耐震面において良いとされています。

□セキスイハイムの家
地震に備えた対策として、耐震の他にも免震や制震などを聞くかもしれませんね。
セキスイハイムでは、この中でも耐震に特化して地震対策をしています。
しっかりとした柱を工場で作ることができる上に、ユニット工法からなるシンプルな形状が耐震に最適なのです。

□耐震性に優れているポイント
*ボックスラーメン構造
工場で作られるユニットは、非常に強固です。頑丈に作られた柱や梁を正確に接合することによって、大きな地震にも耐えられる強さが生まれます。強固なユニットを組み合わせることによって、住宅はさらに強くなります。

*GAIASS(ガイアス)
国が定めた基準の最高等級を標準仕様で備えているのが、セキスイハイムのハイブリッド耐震モデルである『GAIASS』です。堅くて強い外壁が住宅の揺れをぐっと抑えてくれます。さらにこちらのモデルには、先ほどご紹介したボックスラーメン構造も採用されています。
基礎は強固なベタ基礎で、住宅をしっかりと支えてくれます。

□まとめ
今回は、耐震性能に優れている家についてご紹介しました。
セキスイハイムで建てる新築は、耐震性に優れていることをお分かりいただけたら幸いです。

Copyright©2019 - 2020TOCHIGI SEKISUIHEIM inc. Allrights reserved. 会社案内サイトの利用について各種方針についてサイトマップ

ページTOPへ
展示場ページへ移動中です